LINEの使い方

【LINE】友達に通話をかける方法:本当に無料なの?

LINEでは友達に通話をかける機能が備わっています。

それも、携帯番号の電話とは違って無料で利用することができます。

当記事では、LINEで無料通話をかける方法や通話中の基本操作や無料通話についてお話ししていきます。

LINEで友達に無料通話をかける方法

友達ストから通話したい人を選ぶ

友達リストから通話したい人を選択します。

無料通話

選択した人のホーム画面が表示されるので、真ん中の無料通話をタップすると、通話をかけることができます。

また、トーク画面からでも通話をかけることができます。

通話ボタンをタップ

通話したい人とのトーク画面を開いたら、右上の電話マークをタップ。

無料通話をタップ

左の無料通話をタップすると、通話をかけることができます。

通話をかけている最中とつながる瞬間について

かけてる最中

通話をかけている最中は、音が鳴り、真ん中に緑色の丸が動きます。

秒数が表示されたら繋がっています

相手が電話に出ると、音が止まり、緑色の丸から秒数へと変わります。

通話中の基本操作

ここからは、通話中の基本操作についてお話していきます。

通話中は、普段携帯電話で通話するときと同じ感覚で、耳にスマホを当て話しましょう。

マイク付きイヤホンがあれば、イヤホンしながらマイクに話すだけで、通話することができます。

次に画面の基本操作。

通話中にLINEを開くと、通話コントロールが表示されます。

スピーカー

コントロール画面で、上記画像の部分をタップするとスピーカーに切り替わります。

マイク付きイヤホンで通話しているときに、スピーカーに切り替えると、スマホから音声がでてしまうので注意。
ミュート

コントロール画面で、上記画像の部分をタップするとミュートに切り替わります。

ミュートとは-自分側から発する声や音を消音する機能です。つまり、ミュートにすると相手側に音声が聞こえなくなります。
ビデオ通話

コントロール画面で、上記画像の部分をタップするとビデオ通話に切り替わります。

ビデオ通話ボタンをタップすると、内カメラで表示されます。つまり、ビデオ通話ボタンを押した瞬間に自分の顔が相手側の通話画面で表示されるので注意しましょう。
ビデオ通話

右上の切り替えボタンをタップすると、外カメラに切り替えることもできます。

LINEの無料通話って本当に無料なの?

携帯番号の電話と違って、LINE通話は無料で利用することができますが、“正確には無料ではありません”

携帯番号の電話は、電話回線を使うため通話料がかかってしまうのが基本ですよね。

対して、LINEの通話は電話回線を使わずに、スマホの3G回線/4G回線またはWifiなどのインターネット回線を利用する為、通話料でなくパケット代がかかってしまうんですね。

パケット代とは-送受信したデータの量に応じて決まる金額。1ヶ月の携帯代として支払います。他にもパケット通信料やパケット料金とも言います。

つまり、通話料が掛からないことから、LINEは無料通話と言われているわけです。

とは言っても今の時代、ほとんどの方が「各キャリアの大容量通信プラン」Wifi環境を利用している為、何時間LINEで通話しようとも、毎月一定の携帯代だけを払っていれば、長時間無料でLINE通話(インターネット利用)ができる仕組みになっています。

なので、長時間LINE通話する方(長時間インターネットを利用する方)は、「大容量通信プラン」や「Wifi」の契約をオススメします。

大容量通信プランについて、もっと知りたい方は、以下に各キャリアの大容量プランについて解説しているリンクを貼っておきますので、参考にしてください。

Softbankのウルトラギガモンスター

auのスーパーデジラ

docomoのウルトラパック

同じカテゴリの記事