LINEの使い方

【LINE】ID検索による友だち追加の許可を設定する

LINEでは、ID検索で友だちを探し追加することができますが、検索される側は「ID検索による友だち追加の許可」を設定することで、その検索をON/OFF(許可/拒否)を自由に決めることができます。

本記事では、ID検索による友だち追加の許可を設定する方法をご紹介していきます。

ID検索による友だち追加の許可を設定する

設定

メニューの友だちリストから設定をタップします。

プロフィール

プロフィールを開いてください。

IDによる友だち追加の許可をON/OFF

自分のIDが表示された下の項目「IDによる友だち追加の許可」をON/OFFに切り替えることで、自由に設定できます。

  • ONに切り替えた場合→ID検索による友だち追加を許可する
  • OFFに切り替えた場合→ID検索による友だち追加を拒否する

OFF(拒否)にするとID検索されても表示されない

OFFにすると、他のユーザーがあなたのIDを検索しても、何も表示されないようになります。

表示されない

他のユーザーが、あなたのIDを検索をしようとすると、上記画像のように「入力したIDのユーザーは存在しないか、または検索を許可していません。」と表示されるようになっています。

ON(許可)にするとID検索されて表示される

ONにすると、他のユーザーがあなたのIDを検索すれば、あなたを友だち追加することができます。

ONにしていると表示される

他のユーザーが、あなたのIDを検索しようとすると、上記画像のようにアイコンと名前が表示され、友だち追加してもらえるようになります。

ONにしても表示されないケースがある

また、ONにしているのに、他のユーザーがあなたのIDを検索しても表示されないケースがあります。

それは、自分または相手が「年齢認証(18歳以上である証明)」をしていない場合にあります。

基本的にID検索はLINEの年齢認証をしなければ利用できません。なので、いくら「ID検索による友だち追加の許可」をONにしようとも、相手があなたをID検索しようとも、自分または相手が年齢認証をしなければあなたを探すことができないのです。

年齢認証のやり方については以下のリンク先で解説していますので、まだ済んでいない方は参考にしてください。

キャリアを通して年齢確認をする

同じカテゴリの記事