LINEの使い方

【LINEの始め方】アプリをインストールして初期設定を行う手順

LINEを始めるには、スマホにアプリをインストールして初期設定をする必要があります。

まず、始めにアプリをインストールする作業から行いましょう。

LINEをインストールする方法

当記事ではiPhoneのスクリーンショットの写真で解説します。

ホーム画面から[AppStore]を開く

ホーム画面から[AppStore]アイコンをタップしてアップルストアを開きます。(Androidの方は[GooglePlay]を開く。)

[LINE]で検索

アップルストアの検索バーに[LINE]と検索しましょう。

[入手]をタップ

LINEアプリのインストール項目が表示されるので[入手]をタップしてください。

[インストール]を選択

iPhoneの方はAppleIDのパスワード入力を求められますので、パスコードを入力して[インストール]をタップしましょう。

これでLINEのインストール作業は完了です。次はLINEの初期設定です。

LINEの初期設定を行う

[LINEアイコン]をタップ

ホーム画面に戻ると[LINEアイコン]が追加されるので、そのままLINEを開きます。

[新規登録]を選択

右の[新規登録]をタップしましょう。

電話番号を入力

ご自身の端末に登録している携帯番号を入力して[番号認証]をタップします。

また、現在使用しているFacebookで登録することも可能です。Facebookで登録する方は一番下の[Facebookでログイン]を選択してください。

通知が来る

電話番号を入力したあと、自身の携帯に4桁の暗証番号が記載されたメッセージが届きます。通知が来たらメッセージを開きましょう。

4桁の番号を入力

メッセージに記載された4桁の暗証番号を入力して[次へ]をタップしてください。

年齢確認画面

年齢確認画面に移ります。年齢確認する場合は[◯◯(キャリア)をご利用の方]もしくは[LINEモバイルをご契約の方]を選択してください。

また、年齢確認は後から設定することも可能です。

年齢確認をするやり方は以下の記事で解説しています。

【LINE】キャリアを通して年齢確認をする方法【SoftBank,docomo,au】 LINEの年齢確認をすることによるメリットについては以下の記事で解説しています。 https://ytn-media.co...

今回は[年齢確認をしない]を選択して話を進めていきます。

連絡先の許可

“連絡先へのアクセス”[許可]にしていると、あなたの携帯電話番号を登録している知り合いにあなたのLINEアカウントの存在を自動的に知らせることができます。

「連絡先の人全員にLINEのアカウントを教えるのがコワい!」という方は[許可しない]に設定しておくのがオススメです。

位置情報の許可画面

“位置情報の利用”[許可]にしていると、トーク画面で自分の今いる位置情報を相手に送信する機能が利用できます。

LINEの友達に位置情報を探られることはありませんのでご安心ください。

同意する

規約を一通り確認し、[2つのチェック項目]にチェックを入れて[OK]をタップ。

通知の許可

LINEの使用画面に移ると通知の許可通知がくるので[許可]を選択。

通知を[許可]にしていると、相手がメッセージを送った時に通知で知らせてくれます。

LINEの初期設定が終わったら次は自分のプロフィールアイコンとホームの写真を設定してみよう。

【LINE】自分のアイコンやホーム画面の画像を設定する方法当記事では、LINEのプロフィール写真やホーム画面の画像を設定する方法や写真の推薦サイズについてご紹介しています。 アイコ...
同じカテゴリの記事