LINEの使い方

【LINE】メンションとは?使い方をわかりやすく解説

LINEでは、グループ(複数人数トーク)で相手先を指定してメッセージを送信できる「メンション」という機能が存在します。

本記事ではメンションの意味や使い方、リプライとの違いについて解説していこうと思います。

メンションとは?

メンションとはLINEだけではなく、ほとんどのSNS(Twitter,Facebook等)で使われている言葉であり、「名前を挙げる」・「指名する」・「触れる」といった意味を持ちます。LINEでのメンションは「誰かを指名する」という意味が正しいです。

LINEグループ(複数人トーク)のトークで、「特定の相手にメッセージを送信する」または「その人に関係するメッセージを送信する」時にメンションを利用します。

相手の通知画面

相手先を「@〇〇(ユーザー名)」で指定し、メッセージを送信することで相手にメンションされたメッセージの通知が届くようになっています。つまり、グループ内で会話が混じって複雑なトークになっても、メンションを利用すれば相手に確実にメッセージが届くようになっているわけです。

リプライとの違い

一方で「リプライ」というのも「メンション」と同じような機能を持ちますが、正確には違います。

「リプライ=返信」という意味。相手のメッセージに対して返信する時に使い、グループ内で誰が誰にメッセージを送っているのかわかりやすく判断できる機能となっています。

リプライのやり方

対するメンションは「返信する」という意味よりも、メンションされる人に関係する内容がメッセージに含まれる時に使います。

メンションの例)今日は「@〇〇君」「@〇〇ちゃん」で美味しいケーキ屋さんに行ったんだ〜!
 

そして一番の違いは、リプライはメンションのように相手に通知が届かないということです。

メンションとリプライの違いを説明しましたが、通知の有無だけの違いなので、返信する際は使いたい方を使えばいいと思います。

メンションの使い方

はじめに言っておきますが、メンションは、相手がメンションの通知設定をONにしている時のみ有効です。OFFにしている場合は、メンションしても通知が届かないので注意しておきましょう。もちろん、自分がメンションされる場合も同様です。

メンションの通知設定方法については以下のリンク先で解説していますので、参考にしてください。

すべての通知設定について解説

では、メンションのやり方についてですが、方法は2種類あります。

名前をタップしてメンションする

名前をタップ

グループトークでメンションする相手の名前をタップしていただくと、自動的にメッセージ欄で「@〇〇(ユーザー名」が入力されます。

そのままメッセージ内容を入力して送信すればメンションすることができます。

送信

メンションすると名前の文字が青色になり、名前をタップするとユーザーのプロフィールが表示されるようになっています。

@マークを入力してメンションする

もう一つのやり方は、手動で「@」を入力してメンションする相手を方法。

@を入力

メッセージ入力欄に「@」を入力すると、グループ内のユーザー一覧が表示されるので、その中からメンションするユーザーを選んでください。

送信

上記写真のように、ちゃんとメンションできます。

「@」を入力したあとは、必ず正確なユーザー名を入力してください。

メンションの通知が相手に届かない場合

相手にメンション通知が届かない場合は、以下の可能性が考えられます。

通知が届かない主な原因
  • 相手がメンションの通知設定をOFFにしている
  • 相手側がメンションの通知設定をONしてもらう必要があります。自分に届かない場合も同様です。メンション通知設定のやり方はこちらをお読みください。

  • 回線が悪い状態にある
  • 相手のネット回線が悪い状態だと通知が届かない場合があります。

  • 古いバージョンのLINを利用している
  • 相手がメンション機能が備わっていないLINEバージョンを利用していると通知は届きません。iPhoneの方はLINEバージョン7.1.0以上、Androidの方はLINEバージョン7.1.1以上にアップデートしましょう。バージョンの確認は、Appleストア・Google Playからご覧いただけます。

同じカテゴリの記事