LINEの使い方

【LINE】連絡先へのアクセスを許可/拒否する方法

LINEを連絡先へのアクセスを許可/拒否することで以下のような設定が可能になります。

連絡先へのアクセス
  • 許可した場合
  • 連絡先の人とLINEで友だち追加できる状態にする

  • 拒否した場合
  • 連絡先の人とLINEでは関わらない状態にする

「連絡先の人を友だち追加できない!」または「連絡先の人から勝手に友だち追加される!」でお悩みの方は、本記事を参考にしていってください。

既に許可してしまっている場合

許可してから連絡先のLINEユーザーに友だち追加されている場合は、その友だち追加を拒否することはできません。もし、そのユーザーとの関わりを持ちたくないのであればブロックすることをオススメします。

ブロックする方法

なので、このような「連絡先へのアクセス」は、初期設定の段階で済ませおくのがベストなんです。

ただ、一度許可して、まだ連絡先のユーザーに友だち追加されていない場合は、今から拒否しても間に合います。

では早速、連絡先へのアクセスを許可/拒否する方法をご紹介していきます。

連絡先へのアクセスを許可/拒否する方法

やり方はiPhoneとAndroidで異なりますので、分けてご説明します。

iPhoneの方

プライバシー

iPhoneのデフォルトアプリ設定からプライバシーをタップ。

連絡先

連絡先をタップ。

LINE

LINEの項目をON/OFFに切り替えることで、連絡先のアクセス許可を設定できます。

Androidの方

Androidの場合はバージョンによってやり方が異なりますので、簡単に説明します。

端末内にあるデフォルトアプリの設定からアプリLINE権限の許可の順で開いていただき、連絡先の項目をON/OFFに切り替えることで、連絡先のアクセス許可を設定できます。

どのAndroid端末でも、デフォルトアプリの設定でLINEアプリの権限を操作できる画面から、連絡先アクセスの許可を設定できるはずです。

初期設定の段階でアクセス許可を設定するには

連絡先の許可

LINEの初期設定の段階で「LINEが連絡先へのアクセスを求めています」という指示が言い渡されるので、そこで許可しないまたはOKのどちらかを選択することで設定できます。

この初期設定段階で許可しないを選んでおけば、連絡先のLINEユーザーが友だちになることはありません。

また、OKをタップすると許可されたことになります。

同じカテゴリの記事