LINEの使い方

【LINE】トーク画面で位置情報を送信する方法:自分の居場所を相手に教える!

LINEのトーク画面では、相手に位置情報を送ることができます。

位置情報を送信は、「自分が居る場所を教えたい時」「待ち合わせ場所を決めたい時」などに、わかりやすく場所を教えることができる便利な機能です。

まずは、位置情報の送信は、以下2つの方法があることを覚えておきましょう。

  • 自分が居る場所の位置情報を相手に送信する(位置情報のアクセスを許可必須)
  • 検索した場所の位置情報を相手に送信する(位置情報のアクセスを許可しなくてもOk)

では、これらの送信方法について解説していきます。

自分が居る場所の位置情報を送信する

+をタップ

トーク画面のメッセージタブから+をタップ。

位置情報

位置情報を選択します。

位置情報へのアクセスを許可する

自分がいる場所の位置情報を送信する場合は位置情報へのアクセスを許可にする必要があります。

そのまま位置情報へのアクセスを許可するをタップして、端末の設定画面に移動してください。

位置情報をタップ
ここはiPhoneでの設定画面です。

設定画面に移動されたら一番上の位置情報をタップ。

このAppを使用中のみ

このAppを使用中のみまたは常に許可のどちらかを選択して許可してください。

Androidの方は、端末の「設定」からアプリLINE権限の許可から位置情報の項目をONにしていただくと許可できます。

設定が完了したら、先ほどのLINE画面を開いてください。

この位置を送信

先ほどの位置情報送信画面に戻ると、自分の今いる位置情報が表示されるので、黒い枠にあるこの位置を送信をタップ。

もしも、自分の今いる位置情報が表示されない場合はLINEアプリを再起動するか端末ごと再起動して、再度同じ画面に戻ってください。
送信完了

これで位置情報の送信は完了です。相手側は、この位置情報をタップしていただくと詳細が見れるようになっています。

検索した場所の位置情報を送信する

+をタップ

トーク画面のメッセージタブから+をタップ。

位置情報

位置情報を選択します。

検索タブに場所を入力

検索タブをタップして場所を入力しましょう。

駅名、店名、学校名、会社名、住所など

検索した場所を送信する場合は、位置情報のアクセス許可をONにする必要はありません。
この位置情報を送信

検索すると位置情報が表示されるのでこの位置情報を送信をタップしましょう。

送信完了

これで位置情報の送信は完了です。相手側は、位置情報をタップしていただくと詳細が確認できるようになっています。

同じカテゴリの記事