LINEの使い方

LINE友達にトーク画面からメッセージを送る方法【基本操作】

LINEの基本中の基本、相手にメッセージ・写真/動画・スタンプ・ボイスメッセージなどを送る方法やをご紹介していきます。

その前に、メッセージを送るLINE友達が必要なので、送る相手を事前に定めておいてください。

LINE友達にメッセージを送る

送り先を決める

下部メニューの友達リストから、メッセージを送る相手を決めてください。

トークをタップ

送り先のホーム画面が表示されるので、左下のトークをタップ。

下のテキストバーをタップ

トークをタップすると、相手とのトーク画面が表示されます。

この場合のトーク画面とは、1対1でメッセージ/写真/スタンプなどを送り合ってチャットできる画面です。他にも、誰かを招待したり、グループを作れば、複数人のグループ内でチャットすることも可能です。

話を戻しますが、トーク画面に移ったら下のテキストバーをタップしましょう。

文字を入力したら送信をタップ

このテキストバーでは、相手に送りたいメッセージ内容を入力します。文字を入力したら、右側の送信ボタン(▷)をタップして送信しましょう。

送信完了

メッセージが送信できたら、上記画像のように緑色の吹き出しで入力した内容が表示されます。

ネットの回線が悪かったりすると、メッセージ送信できない場合があります。

上記写真のように、メッセージ日付の左に矢印がある場合は、まだ送信できていない状態なので確認しておきましょう。

相手に読まれると既読がつく

送信したメッセージを相手が読むと「既読」という文字が、吹き出しの左側に付く仕組みになっています。

正確に言えば、相手がトーク画面を開いた瞬間に「既読」が付きます。

LINE友達にスタンプを送る

LINEのトーク画面では、メッセージとは別にスタンプを送ることもできます。スタンプは、時間がない時や自分の感情をボタン一つで伝えるのにとても便利な機能です。
下のスタンプマークをタップ

テキストバーの右にあるスタンプマークをタップすると、スタンプを選ぶことができます。

スタンプバーからスタンプ種類を選択

スタンプの種類は、下のスタンプバーから選ぶことができます。

LINEスタンプは100万種類以上存在し、無名クリエイターから有名クリエイターが作成したスタンプまで幅広く存在します。ちなみに、LINEスタンプは1種類(1パック)に10数個ほどあります。

有料スタンプもありますが、デフォルト(最初)に設定されているスタンプはLINE側が用意した無料スタンプなので安心して使ってください。

スタンプをダウンロード

基本的にスタンプはダウンロードしないと使えないのでダウンロードボタンをタップしましょう。(3秒でダウンロードできます。)

スタンプを選択

次に、相手に送りたいスタンプを選択してください。

送信ボタンをタップ

選択したら、スタンプのプレビューが表示されるので、確認できたら送信(▷)をタップして送信してください。

送信完了2

上記画像のように、スタンプが送信されたらOK。

ネットの回線が悪かったりすると、スタンプが送信できない場合があります。

上記写真のように、スタンプ送信日付の左に矢印がある場合は、まだ送信できていない状態なので確認しておきましょう。

ミニスタンプを使う

普通のスタンプとは別で、ミニスタンプを利用することもできます。

ミニスタンプは、通常のスタンプとは違って小さなスタンプであり、絵文字として使えるスタンプです。
ミニスタンプ

スタンプ一覧から左下のミニスタンプマークをタップします。

ミニスタンプを選択して送信

ミニスタンプを選択したら送信(▷)をタップして送信しましょう。

送信完了

ミニスタンプ1つのみを送信すると、少し大きめのミニスタンプで送信されますが、“ミニスタンプを2個以上”また”文章+ミニスタンプ”で送信すると、絵文字サイズでミニスタンプを活用できます。

LINE友達に写真/動画を送る

ここからは、スマホのカメラロールにある写真や動画を送る方法を紹介していきます。

左の[>]をタップ

テキストバーの左側にある>をタップしてください。

カメラロールから選ぶ

カメラマークと写真マークが表示されるので、右の写真マークをタップします。

  • カメラマーク:その場で写真を撮って、その写真を送る
  • 写真マーク:カメラロールにある写真を送る
カメラロールから写真を選択

カメラロールの中から、送りたい写真をタップしてください。

写真が決まったら送信

写真が拡大されて表示されるので、その写真で良かったら、右下の送信(▷)をタップ。

送信完了

上記画像のように、写真が送信できればOKです。

ネットの回線が悪かったりすると、写真の送信ができない場合があります。

上記画像のように、送信した写真の右側に矢印がある場合は、まだ送信できていない状態なので確認しておきましょう。

LINE友達にボイスメッセージを送る

続いてボイスメッセージを送る方法をご紹介します。

ボイスメッセージとは、普通のテキストメッセージとは違って、自分の声を録音し、録音した音声を相手に送信します。
マイクマークをタップ

テキストバーの右側にあるマイクをタップ。

マイクマークを長押しする

真ん中のマイクを長押しして音声を録音します。

長押しして指を離すと、そのまま送信完了します。送りたくないボイスメッセージを誤って、送信しないよう注意しましょう。
指を離せば送信完了

長押ししながら音声を録音し、指を離せばボイスメッセージを送信できます。上記画像のように送信できていればOKです。

再生ボタン(▷)をタップすると、ボイスメッセージを再生できます。

ネットの回線が悪かったりすると、ボイスメッセージが送信できない場合があります。

上記写真のように、送信したボイスメッセージの右側に矢印がある場合は、まだ送信できていない状態なので確認しておきましょう。

同じカテゴリの記事