YouTubeの使い方

【YouTube】高評価・低評価をする意味は?特定される可能性について

YouTubeの動画やコメントに対する評価の意味や評価したことによる特定の危険性についてお話ししていきます。

高評価・低評価の意味

動画に対する評価は、何も高評価や低評価だけではありません。コメントで評価するという手もあるのです。

【YouTube】動画へコメントを投稿するやり方YouTubeの動画へコメントをするには「YouTubeチャンネル」を作成する必要があります。 YouTubeチャンネルを作成して...

では、なぜ高評価・低評価があるのか。それは、内容の良し・悪しをボタン一つで手軽に評価ができるから。

そして、多くの視聴者は「高評価・低評価」があることによって、動画に対する捉え方が変わってきます。

高評価が多い→人気な動画だと予想しやすい

低評価が多い→共感できない人や反論する人が多いと予想しやすい

ただし、”評価はあくまで参考にするもの”ということを忘れてはいけません。全体的に評価が低いからと言って便乗するのは良くないです。評価するにあたっては、自分の意見で高評価・低評価を決めるべきではないでしょうか。

高評価した動画リストを見ることもできる

高評価した動画は、高評価リストに入れられます。高評価リストでは、高評価した動画の一覧を視聴することができます。

高評価リストの見方については以下の記事で解説しています。

【YouTube】高評価した動画を見る【削除/非公開にする方法】高評価した動画の一覧を表示する方法や再生・削除・公開設定のやり方をスマホアプリ版とPC版で分けて解説していきます。 高評価した動画...

低評価はアカウントBANに関係するの?

公式では、正確に述べていませんので不明です。以下に、筆者の意見をまとめておきました。

筆者の個人的な意見

関係しないと思います。低評価は感想するひとつの手段。自分が思ったように評価するのが本当の評価であり、YouTubeいや、Googleは絶対に「高評価だらけのYouTube」より「真の評価だらけのYouTube」を望んでいると思います。

仮にそんなシステムがあるならば、低評価ボタンなんてものはありません。

ただし、コメントでの誹謗中傷はBANされる可能性があります。誹謗中傷はYouTube規約に反しているので、通報されればOUTです。

評価とクリエイター収益の関係

「高評価が多いからと収益も上がる」なんてことはありません。逆に、「低評価が多いから収益が下がる」なんてこともありません。

広告の単価は、広告出稿側によって決められます。なので、単価が低いときもあれば高いときもあります。

多くのクリエイターは、たまたま広告の単価が低い時に低評価が多い場面に遭遇して、そのような錯覚をしている可能性が高いです。

評価すると特定される?バレる?

高評価と低評価の場合で異なります。

低評価の場合

投稿者にバレることはありませんし、特定されることもありません。ただ、YouTube運営側は評価を記録しています。

ユーザーが評価を記録することで、運営側は、その記録から「あなたへのおすすめ動画」を選別していることが考えられます。

高評価の場合

高評価リスト

動画の高評価数の中からユーザーを特定することはできませんが、ユーザーのチャンネルページから、その人がどの動画に高評価をしたのかを見ることはできます。

これは、ユーザーの公開設定次第です。非公開にすれば高評価した動画を伏せることができます。

非公開にする方法は以下の記事で解説しています。

【YouTube】高評価した動画を見る【削除/非公開にする方法】高評価した動画の一覧を表示する方法や再生・削除・公開設定のやり方をスマホアプリ版とPC版で分けて解説していきます。 高評価した動画...
YouTubeを使いこなそう
同じカテゴリの記事