YouTubeの使い方

【YouTube】動画の再生履歴を残さない方法「一時停止した時の影響は?」

YouTubeで、再生した動画の「履歴を残さない方法」や、逆に「履歴が残らない時の対処方法」をご紹介します。

「再生履歴を削除する方法」

動画の再生履歴を残さない方法

スマホ版とPC版に分けて説明していきます。

スマホ版

マイアイコンをタップ

ホーム画面から「マイアイコン」をタップします。

設定をタップ

「設定」を選択。

「再生履歴を一時停止」をON

「再生履歴の停止」の項目を右にスライドさせてONに切り替えると、動画を観ても履歴が残らない仕様になります。

PC版

ホーム画面

ホーム画面から「三マーク」をクリックしメニューを開きます。

「履歴」をクリック

メニューから「履歴」をクリック。

再生履歴を一時停止

右側の欄にある「再生履歴を一時停止」をクリックすると、動画を観ても履歴が残らない仕様になります。

再生履歴を一時停止(履歴を残さなくする)をした時の影響

「再生履歴を一時停止」をONにした場合、チャンネルに対していくつか影響が生じます。

履歴を残さなくした時の影響
  • 再生した動画が見つけにくくなる
  • おすすめ動画は再生履歴から読み取って表示するため、新着のおすすめ動画が少なくなる
  • 視聴時間のカウント(統計)されない
  • YouTube Musuicアプリの再生履歴も残らなくなる

関連記事:視聴時間を確認/リセットする方法

逆に「履歴を残したい」・「履歴が残らない」で困っている方

「再生履歴を一時停止」をOFF

スマホ版の場合、「再生履歴を一時停止」がONになっている可能性が高いので、左にスライドさせてOFFに切り替えれば履歴が残るようになります。

「再生履歴を有効にする」をクリック

PC版の場合、「再生履歴を有効にする」をクリックして、有効に切り替えれば履歴が残るようになります。(「再生履歴を一時停止」という項目に変わっていればOK)

YouTubeを使いこなそう
同じカテゴリの記事