YouTubeの使い方

【YouTube】字幕を表示するには?自動生成と翻訳のやり方(PC/スマホ)

YouTube動画に字幕を表示させる方法や字幕を自動翻訳する方法についてご紹介していきます。

はじめに理解するべきこと

YouTubeの字幕はクリエイター側の設定によって作成されたり、機械学習アルゴリズムによる自動再生で作成されます。しかし、字幕はすべての動画に対応しているわけではありません。中には、字幕に対応していない動画もあるということを理解しておきましょう。

PC版とスマホ版でオプション内容が異なるので、2つに分けて説明していきます。

PCサイトのYouTube 字幕の表示設定

字幕表示on:off

再生画面のコントロールから「字幕ボタン」をクリックすると、字幕表示のON/OFFを切り替えることができます。

字幕に対応していない動画は「字幕ボタン」がありません。

また、ショートカットキーのCを押すことで字幕表示を切り替えることもできます。

PCサイトのショートカッキーについては以下の記事で解説しています。

【YouTube】PC版で便利な『ショートカットキー』完全版PC版YouTubeには、機能を実行する効率を上げるための『ショートカットキー』が多く存在します。 つまり、PC版YouT...

字幕言語を選択するやり方

字幕をクリック

「歯車マーク」から「字幕」を選択します。

言語を選択

規定の言語を選択すると言語が変更されます。

特定の字幕はクリエイター側によって作成される為、言語が1種類しか用意されていない動画もあれば多種類の言語が用意された動画も存在します。

もしも、字幕が用意されていなかった場合は、以下の自動生成を試みてください。

字幕を自動生成する(字幕が作成されていない場合)

自動生成 PC

字幕が用意されていない動画の場合は、機械学習アルゴリズムによる字幕を自動生成することができます。

「歯車マーク」から「字幕」をクリックして「言語(自動生成)」を選択すると表示されます。

機械学習アルゴリズムによる字幕自動生成の場合は、完璧に言語を取得できるわけではないので、言語がおかしい場合があります。

自動生成される字幕が表示されない

字幕を自動翻訳する

また、「英語」→「日本語」・「フランス語」→「日本語」のように、海外動画の字幕を翻訳することもできます。

自動翻訳をクリック

「歯車マーク」から「字幕」「自動翻訳」をクリックし、翻訳してほしい言語を選択すると、指定された言語に自動翻訳されます。

この自動翻訳はAI(人工知能)が翻訳したものの為、多少誤ったテキストに翻訳されたり、翻訳内容がおかしいと感じる場合もあります。

フォントの色やサイズなどを変更するオプション

PCサイトのYouTubeのみ字幕を装飾することができます。

オプションをクリック

「歯車マーク」から「字幕」「オプション」をクリックします。

オプション設定

項目からフォント(文字)の種類や大きさ・色など字幕に対して様々なオプションをすることができます。字幕オプションはPCサイトのYouTubeのみ対応しており、スマホアプリからは設定することができません。

各オプションの役割
  • フォントファミリー
  • 文字のデザインを変更

  • フォントの色
  • 文字の色を変更

  • フォントのサイズ
  • 文字の大きさを変更。ショートカットキーの「+」・「ー」で変更することも可能。

  • 背景色
  • 文字の背景色を変更

  • 背景の透明度
  • 背景の濃さを調整

  • ウィンドウの色
  • 字幕背景の色を変更します(文字と重なる部分は文字背景が優先される)

  • ウィンドウの透明度
  • 字幕背景の濃さを調整

  • 文字装飾のスタイル
  • 文字に影をつけたりする

  • フォントの透明度
  • 文字の濃さを調整

  • リセット
  • 設定を元に戻す(デフォルトに戻す)

スマホアプリのYouTube 字幕の表示設定

縦点をタップ

再生画面右上の「縦に並んだ3つの点」をタップします。

「字幕」をタップ

「字幕」を選択。

言語を選択

規定の言語を選択すると字幕が表示されます。(また、この画面から「字幕なし」に切り替えることができます。)

特定の字幕はクリエイター側によって作成される為、言語が1種類しか用意されていない動画もあれば多種類の言語が用意された動画も存在します。

もし、字幕がクリエイター側で作成されていなかった場合、以下の自動生成を試みてください。

字幕を自動生成する

自動生成 スマホアプリ

字幕が用意されていない動画の場合は、機械学習アルゴリズムによる字幕を自動生成することができます。

再生画面右上の「縦に並んだ3つの点」から「字幕」をタップし「言語(自動生成)」をタップすると表示されます。

機械学習アルゴリズムによる字幕自動生成の場合は、完璧に言語を取得できるわけではないので、言語がおかしい場合があります。

自動生成される字幕が表示されない

スマホアプリには字幕の自動翻訳と装飾機能がない

スマホアプリのYouTubeには自動翻訳機能とフォント装飾機能がありません。

利用する場合は、PCサイトのYouTubeからアクセスしましょう

自動生成される字幕が表示されない場合

自動生成をタップしたのにも関わらず、字幕が表示されない場合は、基本的にクリエイター側(アップロード者)の問題が多いと思われます。その場合は、以下の項目に当てはまるはずです。

  • 新規の動画(アップロードされてから間もない動画)
  • 動画アップロード者が字幕の自動生成機能を利用していない
  • 時間が長い動画
  • 音質が悪い・音が聞き取りづらい動画
  • 無音状態が続く動画や録音されていない動画
  • 大人数によって声が重なってしまっている動画
YouTubeを使いこなそう
同じカテゴリの記事